『エスナック 教育里親グループ』 国際協力NGO

愛することで、愛を知る喜びを!                        Educational Sponsorship of Needy Asian & African Children          アジアとアフリカの子どもたちに教育をおくる会



里親の声関連の記事一覧

  • 里親からの声(03/03)
  • 2012-03-03

    里親からの声

    <妹を思って、里子との縁を大切に> 

     私は現在、インドのキラリシュ・ビリヤさんの里親となっています。

    ビリヤさんの意向はわかりませんが、出来れば上級の学校(進学)して

    勉強して欲しいと思います。



     私は現在62才で昨年3月に定年を迎えましたが、再雇用となって

    働いています。 健康でもありこの後も働き続ける予定です。



     エスナックからビリヤさんを紹介され、いただいたお手紙の中に経歴

    と写真が入っていました。写真を見たとき、妹を思い出したのです。

    私の妹は昭和31年3月13日、他界しました。5才でした。私が6才。

    北海道の開拓農家から東京の母の実家に里帰りの時でした。二人とも

    赤痢にかかり医者は「残念だが二人とも助からない」といったそうです。

    峠の夜を越した早朝、妹は旅立ち、私は奇跡的に命を取り留めました。

    おとなしくてやさしかった、記憶しかなく、たった1枚の写真しかあり

    ません。比べても似ている訳ではないのですが、ビリヤさんの写真に

    妹を突然思い出した次第です。輪廻転生、という言葉を信じるような

    人間ではありませんが、何かの縁を感じたのだろうと思っています。

    幸い、元気で働き続けられるし、家、車を含めて借財は全くありません。

    普通のサラリーマンでしたから財産はありませんが、相応の支援、

    仕送りは可能です。



     どうかビリヤさんが望むところまで勉学を支援したいと思います。

    写真を見ると、聡明で、将来きっと、彼女の国や社会のために働く力を

    持っていると思います。よろしくお願いします。

                                        (W様より)


    <里子を愛の絆として>

     カトリック新聞で、バングラデシュのコーディネーターの神父様と

    同じ修道会であるオブレート会の日本(四国)のブラザーの紹介記事を

    読みました。その方は、社会福祉につながる修道会への献身を決意されて、

    「最も貧しい人々、最も見捨てられた人々のために」を会の精神とする

    「汚れなきマリアの献身宣教修道会」(オブレート会)に入会されたそう

    です。



     私はバングラデシュに行ったことはありませんが、エスナックフェス

    ティバルで来日された神父様方にお会いしました。言葉は通じなくとも、

    その謙虚なお姿に、貧しい人々のために日夜献身されていることを感じ、

    深い感動を覚えました。



     2000年前に、この世に人々を救うために来られたキリストは、今日も

    従う人を通して苦しむ人のために働いておられます。私にとって、里子

    との出会いは、多くの人と結ばれるための神様からの贈り物でした。  

                                         (K様より)
    2012-03-03 │ 里親の声 │  コメント : 0
    ESNAC
    おすすめページ Best10
    Best1 エスナック活動紹介ビデオ
    Best2 入会ページ
    Best3 エスナックとは?
    Best4 国別の記事
    Best5 エスナック便り
    Best6 里子の数
    Best7 動画 (現地の様子など)
    Best8 オススメの本
    Best9 写真コーナー
    Best10 里親からの声
    索引
    エスナック教育里親グループ
    代表 藤田 文子
    〒399-0214
    長野県諏訪郡富士見町落合富里9984-412
    電話 0266-62-2322
    FAX 0266-62-2334
    esnac@asahi.email.ne.jp
    お問い合わせ

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    年月日順記事一覧
    リンク
    QRコード
    QRコード